掲載店をまとめた「飲みログMap」を作りました!

■馬鹿坊 中崎町の夜の本格四川料理

先日は前から気になっていた中崎町の中華料理屋さんに行ってきました!

ここはお昼も営業していて、ラーメンが美味しいと評判なのですが、夜はラーメンは一切出しておらず本格派の四川料理が楽しめるお店なのです。

昼もまだ行ったことがないのですが、いきなり夜の部に行ってみました!

本日はそんな「馬鹿坊」(ばかぼん)さんのご紹介です!

目次

中崎町と天六の中間地点

場所はちょうど谷町線の中崎町駅と天六駅の中間地点にあります。

梅田からも天満駅からも若干遠く、なかなか微妙な場所にあるということで行く機会がなく…

今回は満を待して雨が降りしきる中足を伸ばしてみました。

お店の外観は名前からは想像がつかない様な、高級感のある見た目です。

f:id:ats-saka:20190629155609j:image

パッとみた感じは和食屋さんなのですが、お店に入った瞬間にここが四川料理屋さんであることがわかる様な香ばしい香りが漂っています。

なんとも食欲をそそる匂い。

目の前で作られる四川料理

このお店、二階にはテーブル席もあるようなのですが、基本的にはカウンターオンリーです。

そんなカウンターの目の前で料理が作られていくのですが、メニューを見るより目の前で作られる料理たちにどうしても目がいってしまう…

ということで、あまりにも美味しそうだった「よだれどり」を注文しつつ、とりあえずのビールを。

f:id:ats-saka:20190629155631j:image

サッポロ!

定番どころのビールの中では一番好きなビールですが、このお店で飲んだのは特に美味しく感じました!

というのも、生ビールのサーバーって結構こまめに掃除をしないとならないらしくて、掃除を怠っているとなんだか変な臭いがしたりするんですよね。

そのあたりの掃除をめちゃしっかりとされているのか、とてもすっきりとした爽やかな飲み心地が感じられました!

安い居酒屋のビールなんかはひどい時はおならの臭いがしたりします。

山椒と唐辛子のハーモニー

まずは、最初に注文したよだれどりを!

f:id:ats-saka:20190629155620j:image

かなり大きいです。

そして、かかっているソースがまさに四川料理を思わせるような山椒と唐辛子の風味。

いわゆる、マーとラー、麻と辣。

特に辣が効いています。

最初に口に入れた瞬間は普通に美味しんですが、後からしっかりと辛さが追ってくるんです。

普通のよだれどりとは一味違うことがわかりましたが、この後にやってくる麻婆豆腐にびびり始めます…

そして、二品目は店員さんオススメの「天使の海老の山椒炒め」

f:id:ats-saka:20190629155648j:image

見た目にも豪華な一皿です。

この天使の海老というのは皮が柔らかく、頭から尻尾までそのまま食べられることと、身の甘み甘みが特徴の高級海老。

にしても、こんなに大きい天使の海老を食べるのは初めてです笑

こちらは唐辛子の辛さはあまりないものの、生山椒のピリッとした風味が効いていて「麻」を楽しめる一品。

そして、最後は「麻婆豆腐」を!

f:id:ats-saka:20190629155652j:image

土鍋風のお皿に入ってグツグツとした麻婆豆腐がやってきました。

まあもちろんのこと辛そうなのですが、実はよだれどりを食べて辛がっている我々をみかねた店員さんが「麻婆豆腐はよだれどりよりだいぶ辛いですが、控えめにしておきますか?」と聞いてくれていたのです。

店員さんの優しさに甘えて、ちょっと控えめの麻婆豆腐にしてもらいました。

とはいえ、やはり本格派麻婆豆腐。

麻も辣も効きまくっています。

控えめにしていなかったら食べれなかったことでしょう…

というか、本当に控えめにしてくれたのか疑ってしまう自分もいます。

ですが、しっかりとした麻婆豆腐の風味と旨味が詰まっているお味で、ご飯も進むことこの上ない。

辛さと旨さを堪能

ということで、本場の四川料理を堪能させていただきましたが、

喉元過ぎれば熱さを忘れるということで、食べ終わった後には辛さも旨味に変わり、また食べに来たいという気持ちだけが残ります。

また、某サイトのレビューなどには、店員さんの態度が悪いなどと書かれたりしていましたが、そんなことは全くなくて、辛さに気遣いをしていただけるくらい優しい方々でした笑

次はお昼のラーメンを食べてみたいなあとも思いますが、辛いものが食べたくなった時は夜にもいってみようと思います!

本格派四川料理を楽しみたい方は是非に!

https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27084317/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる