掲載店をまとめた「飲みログMap」を作りました!

■52(ゴニ) ソリッドな空間で楽しむ六本木の隠れ家中華料理

六本木で行くべきは隠れ家系のお店。
六本木に行くとミッドタウンの路面にある華やかなお店なんかが目につきますが、隠れ家でしっぽり飲むのもおすすめです。

路地裏に建つ雑居ビルを見渡してみると、実は驚くほどたくさんの飲食店がありますね。
今回は隠れ家系の中でも特に隠れ家レベルの高い中華料理店「52(ゴニ)」さんをご紹介します。

飾り気のないながらもおしゃれな雰囲気が漂う、ソリッドな空間で美味しい料理を楽しめるお店です。

目次

六本木交差点から北東ミッドタウン方面へ

六本木駅に到着したら、六本木交差点をソフトバンクショップ側に降り立ちましょう。
そこからミッドタウン方面に歩を進めて、蕎麦屋と駐車場の間の道を右に曲がります。

そのまま真っ直ぐ歩くと、進行方向の左手に「52」と書かれた看板が見つかります。
主張が薄めの看板なので気をつけて探してください。

看板のあるビルを2階に上がると52さんの入り口のドアが見つかります。
ちょっと薄暗いビルなので怪しさを感じますが大丈夫です笑

飲食店とは思えないドアを押し開けると少し薄暗いソリッドな空間が広がっています。
カップルはカウンター席に、友達同士はテーブル席に。

ドリンクはALL800円

まずはビールからいただきます。
生ビールの種類はなんと、マスターズドリームのみ

定番の生ビールに加えてマスターズドリームを置いているお店はありますが、マスターズドリーム一本勝負のお店は珍しいですね。
醸造家の夢、味わいながらいただきました。

ドリンクは全て800円。
ハイボールやレモンサワーに関しては少し高いかな?という印象もありますが、GINソーダに関しては「六」を使用していたりとちょっと良いものが飲めます。

サワーには「キンミヤ」を使用されています。通好みなドリンクが揃っていて良いですね。
紹興酒も飲みたかったのですが、ちょっと二日酔い気味だったので自粛しておきました笑

パクチー好きも納得のパクチーサラダ

野菜は絶対に食べたい派なのでまずはサラダを。
最近あまりパクチーを摂取できていなかったので、「パクチーサラダ」を注文してみました。

パクチーサラダと一口に言っても、アクセント程度にパクチーが入っているだけのものもあります。
このお店はどんなパクチーサラダが出てくるんだろうと思いながら待っていると、本気のパクチーサラダがやってきました。

成分構成比で言うと「パクチー:水菜=8:2」程度。
思う存分パクチーの味と香りを楽しむことができます。

パクチー好きなら必ず頼んでいただきたい一品。
1ヶ月分くらいのパクチーを摂取することができました。

ちなみにメニューは黒板にも書かれています▼

ゴマダレ風味の水ギョウザ

餃子は焼き餃子と水餃子の2種類がありました。
僕は生粋の水餃子派なので迷うことなく水餃子を注文。

本場中国でも水餃子が餃子のメインストリームです。

モチモチの水餃子が4個入りでやってきました。
写真では少しわかりにくいのですが、餃子の下にラー油とゴマダレが敷き詰められています。

ピリ辛ながらもゴマダレの甘くクリーミーな味で中和されてとてもマイルドな味わいが楽しめます。
シャキシャキのもやしと一緒に食べるのが美味しいですね。

あと4個は食べたくなる美味しさですが、色々な料理を楽しみたいので我慢。

中華の定番:青菜と木耳と玉子の炒め

僕が中華料理店にくるとどうしても食べたくなるのがこの料理です。
中華料理店以外ではなかなか食べる機会のない木耳、ふわふわの玉子、シャキシャキとした青菜、大好物です。

クラゲといい、木耳といい、中華料理はクセになる食感の食べ物が多いですね。

スタンダードで安心感のある優しいお味。
安心感がありすぎてこれを作れる人と結婚したいとすら思わせられます。

塩辛くもなくこちらもいくらでも食べられそうな美味しさです。

まろやかなお味の豚バラ黒酢

次に注文したのが「豚バラ黒酢」

揚げたブロック豚バラ肉とじゃが芋だけが入ったシンプルな酢豚です。

こちらも酢の酸っぱさが程よく飛んでいて、黒酢の風味と甘みが楽しめるまろやかなお味です。
シンプルに定番の中華料理を楽しめるのが良いですね。

海老と茄子のピリ辛炒め

最後は海鮮も食べたいということで「海老と茄子のピリ辛炒め」を。

オイスターソースの染み込んだ茄子とプリプリの海老が美味です。

ピリ辛炒めとはありますが、辛さはあまり感じなくこちらもまろやかなお味です。
全部で5品料理を注文しましたが、どれもちょうど良い量と優しいお味でペロリと食べられちゃいました!

まとめ:しっぽりデートにも友人とにもおすすめ

評価 :2/3。

ということで、六本木の隠れ家チャイニーズ「52」さんのご紹介でした。
全体を通して飾らないシンプルな料理と、白ご飯を必要としないまろやかな味付けが印象的。
通いたくなるお店です。

お店の雰囲気もガヤガヤしておらず落ち着いた内装なので、着飾らずにしっぽりと楽しみたい夜におすすめ。
しっぽり続きで二軒目のBARには近くの「K-Julep」さんが良いですね▼

お店情報

店名:52(ゴニ)
場所:東京都港区六本木4-6-4 第5一越ビル 2F
予算:4,000円〜5,000円程度
営業時間:[月~金]18:30~翌4:00(L.O.翌3:00)
     [土]18:30~翌1:00(L.O)
定休日:日曜、祝日の月曜
支払い:カード支払い可
喫煙:不可

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる